HOME>ホットトピックス>催眠療法によって過去の自分に向き合うことができる

目次

口にしなくてもいい治療

催眠療法として、潜在意識に働きかけるのがヒプノセラピーです。東京の精神科・心療内科などの領域で、徐々に提案されている療法ですが、もちろん、医師が行う治療の1つになり、これだけで完治する精神病は少ないでしょう。しかし、人気になるのはやはり原因追究(追求)であったり、その催眠によるマインドフルネスの代わりになるからでしょう。実際には、薬物療法も必要になる自傷行為、依存症などもあります。それでも、原因を言わない、内に秘めている患者さんの心の中を覗くことができます。それによって本人が気づかない真の原因やトラウマになった出来事に適した治療が行えます。

苦痛を和らげる

東京でのヒプノセラピーは、対処法を探るために利用する患者さんが少なくありません。特に、耐え難い苦痛に耐えるための孤独な対処法として、自傷行為があげられます。一般に自傷は、悪癖のイメージが根付いていますが、本質的にはツラい現実によってもたらしているようです。怒りや恐怖感など、不快な感情が相手に向けられれば暴力になり、変えていくことができるとしても簡単にはいかず、努力しても報われないこともあります。医師いわく、過去の出来事は変えようがないけれど、自分の気持ちなら変えられる催眠誘導が評判だといいます。思い立ったらすぐに実行できることも人気の1つですし、脳と心に働きかけるので、話し相手を求める必要もありません。

広告募集中